入学式が挙行されました。

学校案内パンフレット 資料請求
2016-04-08
 
平成 28 年度入学式が挙行されました。

校長先生は、式辞の中で、
・野球のイチロー選手やサッカーの本田選手が、小さい頃から大きな目標を持ち、その心の中に、非常に具体的で明確な未来の姿をイメージすること目に見えない心の奥にある想いが、その人の将来に大きく影響することを物語っていること。
・本校は部活動が大変盛んであり、近年、全国レベルの活躍を続けており、その為には、まずそれぞれの心の中に高い「志」を掲げることが重要であること。
・自らを積極的に鍛える「錬磨」というものが飛躍の鍵となります。錬磨の「錬」とは、土や粘土などを錬っていくことを意味しています。それは内発的なことを指しており、与えられた課題に正面から向き合い、心の葛藤を繰り返すことにより錬り鍛えられ、粘り強い強靭な精神が培われていくこと。
・幕末の長州に詩が得意である「月性」という僧侶の「立志出郷関 到処有青山」(「大きな望みを抱いて故郷を出たからには、目標を達成するまで決して諦めない決意を固めよう。志があればどこに行こうと必ず活躍できるはず。それは自分次第である。」という意) という言葉を引用し、これまで育ててくれた親の恩、家族の恩を忘れず、感謝の心で自らを錬り鍛え、人として大きく成長することが、その御恩に応えることになるということを、忘れないでください。と述べられました。

新入生のみなさんご入学おめでとうございます。これからの活躍を期待しています。