アナウンサーさんから特別授業をしてもらいました。

学校案内パンフレット 資料請求
2018-12-10
 
日本テレビ 安村直樹アナウンサーさんと岐阜放送 安井 怜介アナウンサーさんより特別授業をしていただきました。

安村アナは、本校校長と一字違いということで、不思議な縁を感じたそうです。

慶應大学ラグビー部として活躍されている時に、何か一つ誰にも負けないものを身につけようと思われたそうで、キックに自信があったので、誰よりもキックの練習をし、大学2年生の時に大学選抜大会に出場したという体験を話してくださいました。

また、2012年アナウンサーになりたての頃、南健司監督と出会いその時に言われた、「淞南高校サッカー部は個性が強い選手が多いので、その個性をメディアで輝かせて欲しい」という言葉から、「人の個性」を輝かせるアナウンサーになろうと思われたと語ってくださいました。

最後は、サッカー部メンバーを全員だし、即興で実況してくださいました。実況を聞いた生徒からは感嘆の声がもれ、拍手喝采でした。

一方で、岐阜放送の安井アナは、自信は色々なものに取り組んで来たという話から、今の時期の経験は今後の人生に必ず役に立つということを話されました。

中でも、アメフトの優勝した後大学では、ボブサップの影響から空手をはじめ今はK1をやっている話をしてくださいました。また、小、中学校の時は、吹奏楽部でピアノやオーボエをやっていたという経験もお話くださいました。

話は、続き紅茶が好きすぎて、自らプロデュースした紅茶が岐阜県のセブンイレブンで販売されているという話は、本当にどんなことも自分にとって役に立つということを実感させてくれるエピソードでした。

最後は、全校生徒と記念撮影をし、シューイチポーズを安村アナウンサーさんにレクチャーしてもらいました。

安村アナウンサーさん、安井アナウンサーさん本当に貴重なお話をしていただきありがとうございました。